宝石は、留め方によってさまざまな表情を見せてくれます。



このページでは、宝石の留め方を
当店のジュエリーを使ってご紹介いたします。




1.爪留め

写真はティファニーセッティングで有名な6本の爪留めです。
留め方の中でもっともシンプルなものですが、
宝石の存在感を最大限に引き出してくれます。






2.覆輪留め

覆輪留めは宝石の輪郭を際立たせるため、
実際の石目方よりも大きな石に見えます。
また、宝石を保護する効果もあります。






3.彫留め

一見爪留めのように見えますが、
地金を掘り起こした後にダイヤモンドを留めています。

写真はパヴェセッティングリングと呼ばれるものです。
隙間なく敷き詰められた宝石が石畳のように見えるため、そう呼ばれています。
このパヴェセッティングは、彫留めの応用になります。






4.板爪留め

真っ直ぐに伸びた板状の地金で宝石を挟み込む留め方です。

写真の四角いダイヤモンドはバゲットカットとよばれ、
板爪留めは主にそういった石に使われる留め方です。
角のあるダイヤモンドを複数まとめて留められるため、
すっきりとした印象に仕上げることができます。






5.輪留め


輪っかのような地金で挟み込む留め方です。
リングが引っかかってしまったり、物に当たってしまったとき
輪っかの部分が先に当たるため、宝石に衝撃が加わりにくいです。
耐久性のある留め方でもあります。



 

About the owner

Top