ダイヤモンドソリテールリングGIA




ダイヤモンドは非常に高価なものですが、どんなものでも高いというわけではありません。
美しいものと美しさに欠けるものがあるのです。

そんなダイヤモンドの品質をわかりやすく比較するために、4つの物差しをアメリカのGIA(アメリカの宝石学会)が作りました。
これが4Cとよばれるもので、世界中の基準となっています。

ひとつひとつ見ていきましょう。




 
カラット


ダイヤモンドのカラットについて


カラットとは重さの単位で、1カラットで0.2グラムを表します。
ですので、一番右の5キャラットでやっと1グラムになります。
そう考えるとものすごく軽いことがわかりますね。




 
カラー


ダイヤモンドのカラースケール


次にカラー、色味ですね。

左のDからはじまってXYZまで続いていき、色が徐々に無色から黄色味を帯びていきます。
一般的に、無色透明なものほど高価になります。

それには希少性が高いという理由もあるのですが、
一番にはダイヤモンドの美しさの本質が

「無色透明な結晶が虹色の光を放つこと」

にあるからでしょう。神秘的ななにかを感じますね。




 
クラリティ



ダイヤモンドのクラリティについて



クラリティとは透明度を指していて、キズの多さや内包物がどれだけあるかを判断したものです。
カラーストーンとは違い、内包物はなければないほど評価が高くなります。
0.2カラット〜0.5ctであればSI1〜VS2クラスでも、ほとんど美しさに違いは現れません。
ただし、2カラットを超えてくるとVS2でも肉眼でキズが見えてしまいますので、大きめのダイヤモンドを選ぶ際にはVVS2以上がおすすめです。





 
カット



ダイヤモンドのカット、シンメトリー

カットとは唯一人の手が入ることができる評価項目です。
どんなによい原石であったとしても、バランス良くカットが施されなければ
美しい輝きは得られません。基本的にダイヤモンドはラウンドブリリアントカットに磨かれていきますが、それは最もダイヤモンドの輝きを引き出せる緻密な計算があるからなのです。ベルギーをはじめとした諸国のダイヤモンドカッターたちは、その計算に沿ってできる限り大きく仕上がるよう努力しています。

当店ではVERYGOOD以上に仕上がったダイヤモンドをお勧めしています。

About the owner

Top