黒蝶真珠オーロラピーコック 8.0−10.9mm E20549

198,000円(内税)

購入数
黒蝶真珠オーロラピーコックのお勧めポイント
一般の方が黒蝶真珠の良し悪しを見分けるのは大変難しいと思いますが、何を基準に見分ければよいか?
そこで簡単で一番大切な点をお知らせしますと、ただ色が黒ければ良いわけではなく、真珠特有の光沢が素晴らしいかどうか?つまり真珠層が厚ければそれだけ光沢が良くなり光を浴びると照り返しが強くなる訳ですから、鑑別書をお買いになる前に見せて戴く必要があります。こちらのお品は【真珠科学研究所の真珠鑑別鑑定書NO.K45277】がお揃いでついておりますからご安心いただけます。その鑑定結果として【特別呼称:オーロラピーコック『 黒蝶真珠のテリ最強の範疇にあります 』】・・・と記載されており、まき厚の測定記録も1.50mmですからとても厚く安心できるからです。次に大切な点は シェイプがラウンド系かどうか?・・・お安いですよ!と言われる物はふつうここがバロック(変形真珠)でサークルが入っている場合が殆んどだからです。長い人生で大切な式に参列される場合には、やはりラウンド系をお選びいただきたいと考えております。ただどの黒蝶真珠にも自然海での養殖のためエクボと呼ばれるほんの少しのキズは含まれる場合が多いので、あまり数が多くなければ自然の証として気になさらずお使いいただければよろしいかと思います。次に黒蝶真珠の珠サイズの件ですが、米国やヨーロッパなどでは11mmから15mm位のグラデーションが好まれますが、小柄な日本人には少しばかり大きすぎて向かない様な気も致します。日本人にとってはラウンド系の黒蝶真珠のこのサイズ8.0−10.9mmが品の良さでは最適なサイズと申し上げても良いかも知れません。だけどこの商品の販売価格はいくら位が妥当なのかと言うことをお知りになりたいと思いますが、黒蝶真珠オーロラピーコック8.0−10.9mmの品質を考えますと【税込特価¥198000】はこのクラスの価格としては殊の外お安い価格だと思います。是非実物をみてください、他店の物と比べて戴くとよく解ると思いますので、

おすすめ商品